ソーシャルレンディング大手3社の利回り比較|失敗や大損の危険性は?

オーナーズブック

ソーシャルレンディングを始めてみようと思っても何がいいのかわからない。

株やFXよりは急激な変動もない不動産投資を始めてみようと思っても1口最低500万はさすがに手を出せない。

お金に働いてもらうのがマネーリテラシー!

いつかは投資で一攫千金を目指しつつも、実際には「200万・利回り5%・10万円」が限度だと知った20代。

それならビットコインに投資して価格変動でガッポリ!と思いきやスキャムの価格操作に引っかかりお金をドブに、、、

今の20代〜30代ならこの感じわかるはずです。笑

投資に興味を持ったはいいものの調べてみると、意外とコツコツ堅実にポートフォリオを組んだり、分散投資をしなくてはならないこと。

そして、最低でも1000万くらいで運用しないと毎月5万円の不労所得にすらならないこと。

ソーシャルレンディングにおいても投資原則は変わらないのですが、どこがいいかくらいは念密に調べておきたいところですね!

200万持ってるので利回り5%で毎年10万円の配当が欲しい
高利回り案件にも挑戦してみたい
安全性の高い借り手や担保審査をしているのはどこ?

本記事はこのような思いを持ち、いつかは不当所得で暮らせるようになりたい人に向けて書かれています。

大手3社の利回り比較

ソーシャルレンディング事業者には大きく分けて3種類あり、

・海外投資(マイクロファイナンス)
・国内不動産
・電力、風力発電(中小企業支援)

1万円からはじめる資産運用とは言いますが、海外投資(マイクロファイナンス)なんかは円高になったら「お金に働いてもらう」どころではありません、、

高利回りということはそれだけリスクも大きいわけで、現在の市況で7%以上の利回りの案件は「ポートフォリオに組み込む1つ、元本割れしても他で補える範囲」で投資することをオススメします。

クラウドバンク 応募総数 608億円 平均利回り6.99% 元本回収率 100%

 

「待つ、資産運用。」って「貼るだけ、サロンパス」みたいでインパクトありますよね。笑

資産運用自体が年金2000万円問題で注目を集めましたが、実際に一般人で貯金を運用資金に回そうなんて人はごくわずか。

国債やiDeCoといった固い投資商品で老後に備えるといった超低リスク投資商品を選ぶか、仮想通貨でムーンを狙うか。

そう考えるとソーシャルレンディングは危なくもないし本当に安全なのかもわからないといった中途半端なポジショニングであることを一般人目線では感じてしまいます。

そのため成海璃子を起用したり、CMを打ったりするなどクラウドバンクの自社努力には頭が下がります。笑

実際に投資案件を見てみても電力事業を行う中小企業への支援がほとんどで、2013年頃再生エネルギー固定価格買取制度の認定を受けているため、安定した運用が可能になります。

クラウドバンクでは売電収益や事業売却想定額をもとにして貸付を行い、発電所の開発や事業化を支援します。

そして、事業が完成したのちに得られる銀行からの貸付や事業の売却によって、発電事業者は元本の支払いをクラウドバンクに行い、クラウドバンクは投資家に償還するといった仕組みになっています。

再生エネルギーは固定買取の価格が下落していますが、2013年頃に認定を受けた事業者でも銀行からお金を借りることができずに事業化ができないといった問題を抱えていたのです。

その問題を解決したのがクラウドバンクのソーシャルレンディングであり、投資家も再生エネルギー事業者もwin-winなのが、一番オススメできるポイントです。

銀行からの融資を受けられない再生エネルギー事業者がこの世にどれほどいるのかは把握できませんが、クラウドバンクの好実績の裏側にはこのような実態があるのです。

>>公式サイトはこちら

クラウドクレジット 出資金額 約215億円 表面利回り5.8〜12.5 % 元本回収率 77%

東アフリカ金融事業者支援ファンド6号 表面利回り 年12.5% 運用25ヵ月
ユーラシア金融事業者ファンド38号【償還実績あり】年12.3% 運用13ヵ月
東南アジア未電化地域支援プロジェクト10号【高リスクファンド】 年7.6% 運用25ヵ月

いや、どうやってデューデリジェンスしてるん、、、?

数あるソーシャルレンディングの中でもファンドの多様さが圧倒的な「クラウドクレジット」

年12.5%となるとソーシャルレンディングの平均利回り(4%)の3倍!

要するに1000万運用していたら年間125万円の不労所得になる計算なのですが、昭和55年の郵便貯金の定額貯金(半年複利)でも10年11.91%の利回りだったので、東アフリカの急成長っぷりがわかります。笑

ちなみにファンド組成にあたって投資家へのメッセージが届いているのですが、「ケニア・タンザニア・ウガンダ」において貸付事業を営むモーリシャスの金融業者「Platcorp社グループ」への支援を行うとのことです。

詳しく見てみると、

ケニア 約80支店
ウガンダ 約50支店
タンザニア 約70支店

を「Platcorp社グループ」は展開しているとのことで、

日本でも昭和55年ごろには同じように高利回りの貸付業が行われていたのかもしれませんが、年12.5%はすごい魅力的です。

しかし、高利回りの裏では償還時元本割れ件数が30件もあることを忘れてはなりません。

718件中30件はソーシャルレンディングの中では一番悪い確率です。

期待リターンマップを公表していますが、個人向けローンは基本的にNGかと思います。

いつ頃募集した案件なのかはわかりませんが、カメルーンは危ないですね。

そこの見極めをしながらある程度のリスクは抱えつつも高利回り案件を見定められるのがクラウドクレジットの一番のメリットだと言えます。

とりあえずで高利回り案件を選ぶこれまでの投資スタイルを変えたい人にはオススメの事業者と言えます。

公式サイトをくまなくチェックするだけでここまで情報が得られるのは他の事業者にはないことですから。

>>公式サイトはこちら



オーナーズブック 表面利回り4.5%~5% 元本回収率 100%

オーナーズブック(OwnersBook)は抽選式を採用してサービスの最善を図っていますが、かつてはすぐに枠が埋まってしまうほど人気のソーシャルレンディングサービスでした。

他のサービスと比較すると日本人にとってはお馴染みの「不動産投資」であるために認知度が高まりやすく、長年にわたって不動産鑑定に携わってきた経験豊かなメンバーによる不動産売買で会社自体が黒字経営というのも大きな魅力でした。

また、東京オリンピックを控えて不動産市場がかつてないほど活況を呈していたのも追い風となり、円安や日経平均の上昇によってここ数年は不動産投資に多くのお金が集まっていたのも人気の理由といえます。

細かなデメリットは下記の記事にまとめていますが、今後は円高や政府による株価の買い支えといった点がネックになっており、米中貿易摩擦や香港デモなど国際情勢の不安定さによって不況になる危険性も否めません。

そんなこと言うと、どの投資市場もお金が集まらなくなるのですが、これまでとは違った景気動向になることだけは頭の片隅に置いておく必要はあると言えます。

不動産担保が付いておりLTV80%以上の融資は行わないため利回りは少し低めですが、不動産評価額の20%は下落しても元本は保証されるので、低リスクで資産運用を行うことができるといえます。

>>公式サイトはこちら




コメント

タイトルとURLをコピーしました