オーナーズブック抽選方式のデメリットや評判|先入金で出金手数料…

オーナーズブック
競争倍率高すぎるっ、、、!
デポジットへの先入金で落選したらどうすんのっ、、、?
出金手数料が324円っ、、、!

クリック合戦の果てに画面がフリーズしてしまうことで、人気が人気を呼んでいたOwnersBook(オーナーズブック)ですが、「抽選方式」の導入については「さすがに使い勝手悪すぎっ、、、」と少し評判を落としています。

サーバーを強化する費用をケチっているのか、経営陣が金融には知見があるもののサービス業は苦手なのか、、、

これではFOLIOやワンタップバイのように話題の割に過疎ってしまうことになりかねません。

殿様商売で逆にコアなファン(クリック合戦の果てに抽選方式でも落選を余儀なくされる残念な人々)を煽っているのかも知れませんが、

・クラウドクレジット
・ファンズ
・クラウドバンク

これらのソーシャルレンディングサービスが伸びてきているので、OwnersBook(オーナーズブック)も早めに「後入金方式」「入金しない投資家は出禁」といった対策を講じることが何よりも今は大事だと思います。

これだけ人気なソーシャルレンディングサービスがこのまま終わっていいはずがありません。

>>公式サイトはこちら【OwnersBook】

オーナーズブック 募集開始時間に投資できない?

OwnersBook(オーナーズブック)は競争倍率が高すぎるがゆえに「募集開始時間」をこれまで非公開にしていました。

そのため投資をしたい人にとっては常にOwnersBook(オーナーズブック)を監視していなければならず、結局のところ一部の選ばれし者でしか投資できないといった事態を招いていました。

そこで、今回の「抽選方式」を採用したのですが、

競争倍率高すぎるっ、、、!
デポジットへの先入金で落選したらどうすんのっ、、、?
出金手数料が324円っ、、、!

結局のところこのような問題が指摘され、さらなるサービスの改善が求められています。

私もメルカリで買おうと思ったシャツがタッチの差で他の人に買われていた時には憤慨したものですが、投資となるとその悔しさは計り知れません。

こんなめちゃくちゃなサービス提供してくるところに投資したくないという人は、こちらのソーシャルレンディングサービスがオススメです。

>>クラウドバンク公式サイトはこちら

OwnersBook(オーナーズブック)を悪く評価するわけではないですが、デポジット入金が必須で、出金手数料もかかるとなると、実際使うのはちょっとためらいますね、、、

オーナーズブック 「抽選方式」について

オーナーズブック 「抽選方式」は募集締め切り後1営業日以内でメールで結果が届くようになっています。

案件ごとに「抽選方式」を行うか決められるためすべてが「抽選方式」というわけではないようです。

投資金額は最大で募集金額の半分とされていますが、本気で募集金額の半分をデポジット入金して、抽選外れたらとんでもないことになりますね。笑

案件ごとに最大投資額は決められるともしているので、なんとか問題のないように運営して欲しいところです。

オーナーズブックの今後「不況で不動産評価額を下回る可能性も」

運営会社であるロードスターキャピタルは業績も好調で、ソーシャルレンディングも資産運用の一つとして大きな話題を集めています。

東証マザーズにロードスターキャピタルは上場していることから他の事業者よりも信頼は得られやすいですね。

しかし、米中貿易摩擦によって世界経済はもはや風前の灯と言っても過言ではありません。

日本でも円高が進み、日経平均株価が下落を続けると、不況とともに不動産価格も下落してしまいます。

なので、投資した1年前と不動産評価額が違ってしまい、不動産担保を設定していたとしても一抹の不安は残ります。

貸付金額も不動産評価額の80%と設定しているため元本保証への取り組みは行われているのですが、状況が状況なだけにもしかするともしかすることだけは心に留めて投資を行いましょう。

>>公式サイトはこちら【OwnersBook】

コメント

タイトルとURLをコピーしました