投資ファンドへの転職|メリット・デメリット

投資ファンド

投資ファンドの業務は投資先の経営にも携わることができますが、想定されるリターンを事業計画に落とし込むといったハイレベルな実務をこなすには市場調査からデューデリジェンスなど様々な情報を収集するのがまずは一番重要になります。

さらにそこから投資候補先を見つける提案営業やPMI、イベントオリエンテッドといった投資後の計画も事前に把握しておくなど、何から何までハイレベルな実務をこなすことになります。

会社経営を行ったことのない人にとっては事業計画の作成を行うことないでしょうし、ベンチャー企業を立ち上げても市場調査をくまなく行えるほど余裕はありません。

そして、実際に始めてみたらなんか違った、、、ということも多く、そのリスクを想定して投資先を見つけ、さらには経営のサポートも行うわけですから実際に会社経営をするよりも大変な仕事とも言えます。

投資ファンドへの転職 メリット・デメリット

企業の成長を一緒になって担えることが投資ファンドに勤める上では一番のやりがいと言えますが、休みは基本的に不定期でハードでタフな仕事と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました