【iDeCo】ソーシャルレンディングで大損【長期投資でリスクヘッジ】

ideco
実際に積立投資してみたけど、意外とリスクあるんだね、、、
余剰金でやるなら仮想通貨でもいいかも、、、
長期運用っていまいち自分に合わない、、、

投資の世界において絶対に儲かることはないのですが、iDeCoに投資した途端に含み損は結構厳しいですよね。

積立投資は複利運用できるものも多く、15年もしたら元本の数倍なんて投資商品も少なくありませんが、突然の不景気によって、「いつの間にか含み損、、、」といったことも少なくありません。

中長期的に運用していたら景気の浮き沈みは必ずしも経験することですが、これから始める人はiDeCoとソーシャルレンディングの違いをふまえた上で自分にあった方に投資することの大切さをお伝えできればと思います。

短期と長期の運用のどちらもできればリスクはそれだけ軽減できますし、分散投資によるリスクヘッジは不景気が予想される今後の局面においては非常に重要であると言えます。

 

>>公式サイトはこちら



iDeCoのの評判

iDeCoとは?


individual Defined Contribution Plan(個人型確定拠出年金)は60歳になるまで毎月積み立てをしていき、60歳以降は年金と同じように定期的に運用資金を受け取ることができます。

積み立て金は所得控除の対象となるため、年末調整や確定申告の際に申告を行うことで、節税ができるといったメリットが存在します。

また、複利よる運用も可能で、投資信託で発生した収益に税金がかからないことから元本資産を累乗式に増やすことができます。

60歳を超えてからは「一時金」「年金」「一時金・年金」から受け取り方法を選ぶことができ、

一時金:退職所得控除
年金:公的年金等控除

といった税制上で優遇される制度が設けられています。

 

>>公式サイトはこちら



iDeCoのデメリット


iDeCoは投資した資産を投資信託で運用する「老後のための資産運用」を推進する制度であるため途中解約ができません。

そのため運用中に元本割れするケースもあり、定期預金タイプの商品を選ぶといった選択肢も検討する必要があります。

長期的な運用を目的とするiDeCoは短期での売買や運用によって収益を上げるようなギャンブル要素はない分、極力リスクを抑えて運用できなければ意味がありません。

長期的な運用が必要だとはわかってはいるものの実際に含み損が出て、これから不景気になることを思うといてもたってもいられません。

このメンタル面が不安定になることが一番のでメリットであり、その点にはしっかりと留意して投資を始めていかなくてはなりません。

「売らずに待つこと」が非常に重要となりますが、株価が下がっている時ほど安く買えるので、下げの局面の時ほど「何もしないこと」が大切です。

iDeCoとソーシャルレンディングの違い

資産運用が一般人にも求められる時代において、高利回りな投資商品で一攫千金を目指す人も少なくありません。

しかし、仮想通貨がいきなり40万台から120万円にまで上昇し、そこからまた価格が乱高下するのと比べると、iDeCoとソーシャルレンディングはどちらもかなり手堅い投資商品であると言えます。

とは言ってもこれからの下げ局面に向けて運用方法を考えると、

・iDeCoで安く買える時期に積み立てをしっかりして株価の上昇を待つ

・株価や不動産価格の下落が予想され、不動産のソーシャルレンディングでは不動産評価額よりも安く売却される可能性がある

・円高が進むと海外事業のソーシャルレンディングは為替リスクが高くなり、元本割れの可能性も高くなる

下げ相場でも、地道にiDeCoで積み立てていくのか、ソーシャルレンディングでリスキーな運用を目指すのか。

明暗はわかれると言えます。

しかし、ソーシャルレンディングには大きく「不動産・海外事業・再生可能エネルギー」の3種類に分類されますが、太陽光や風力発電ソーシャルレンディングはすでに買い取り価格が決まっています。

なので、一番リスクは少ないと言え、下げ相場においても唯一安定した利回りで運用ができると考えられます。

短期で損切りをしつつ、iDeCoで安く積み立てをしていきましょう

投資は余剰資金でとは言いますが、今後は景気後退などが予想され、投資をしている場合ではないかもしれません。

私も若い頃に「S&P500」という堅めの積み立て商品に投資をしていたのですが、生活が苦しくなり結局途中解約をしてしまいました。

なので、なるべく余裕のある生活を心がけることが大切です。

投資に失敗しただけでしにはしませんが、今後は今よりももっと不安定な時代になると個人的には思っており、投資についても最新情報を常にチェックしておいて損はありません。

今後もこまめにお得な情報を発信していこうと思います。

以上、「iDeCoとソーシャルレンディングの違い|評判やデメリット」でした。

 

>>公式サイトはこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました