クラウドバンクの安全性や実績|リスクや元本割れは?

クラウドバンク
クラウドバンクって安全なの?
中小企業支援ファンド投資って何?
将来的なリスクを知ってから投資したい

このような人に向けて本記事は書かれています。

クラウドバンクはソーシャルレンディング事業者の中でも積極的なメディア展開を行っており、高い評価を得ています。

いろんなファンドに分散投資が可能で、利回りの高さ(実績平均6.99%)と運用期間の短さが特徴です。

これまでは不動産投資は一部のお金持ちしかできませんでしたが、一般人でも資産運用の1つとして運用できるようになりました。

今回はクラウドバンクの安全性や実績について解説していきます。

>>公式サイトはこちら



クラウドバンクの安全性や実績

応募総数が606億円を突破しているクラウドバンクですが、融資元本回収率は100%と圧倒的な実績を誇っています。

やはり他のソーシャルレンディングと比較しても

・日本国内への投資なので、円高になっても大丈夫
・電力事業への投資なので、安定した運用が期待できる

この2点においてクラウドバンクは優位性を持っていると言えます。

クラウドバンクについては下記のような意見がネットでは寄せられています。

中小企業支援ファンドのリスクや危険性は?

クラウドバンクでは主に中小企業の支援に関する融資を行っており、宮城県における太陽光発電や風力発電の運用資金として活用されているケースなど比較的安定した事業への融資を行っています。

中小企業支援ファンドは太陽光や風力発電会社の運転資金を融資し、銀行からの融資(借換え)によって事業者側は日本クラウド証券株式会社への返済を行うといった仕組みです。

電力は固定価格買取制度によって国が電力を買い取る安定した収益確保のスキームができあがっており、土地や電力施設を担保にしている点においてもクラウドバンクの安全性は確保されています。

そのためリスクというリスクも「天災や事故で太陽光・風力発電所が壊れた」場合に限られており、不動産価格の下落や為替リスクといった他のソーシャルレンディングにあるようなリスクはありません。

クラウドバンクは非常に安全性の高いソーシャルレンディングサービスと言えるでしょう。

下記は実際に募集されているファンドになります。(2019年8月12日現在)

クラウドバンクが人気な3つの理由

>>公式サイトはこちら



クラウドバンク 運営会社について

日本クラウド証券株式会社はソーシャルレンディング業界の中では珍しい第1種金融商品取引業者の証券会社です。

会社情報
設立日:2013年4月
所在地:東京都港区六本木七丁目4番4号 六本木Artshell 5F
資本金:1億円
役員数:20名
代表取締役:橋村 純

クラウドバンクは最短3営業日で投資ができます

 

>>公式サイトはこちら



クラウドバンクが安全な理由

 

まとめ

中小企業支援ファンドは融資先が事業売却や銀行からの融資(借換え)を受けるまでの運用資金をサポートするのが目的です。

太陽光発電事業を裏付けにして銀行からの融資(借換え)が行われるので、発電所の建設完了や一定程度の工事が行われた段階で返済が行われます。

36円/kWh(税別)の調達単価が経済産業省の認定である「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって確保されているので、クラウドバンクでは安定した利回りが可能となっています。

以上、「クラウドバンクの安全性や実績|中小企業支援ファンドのリスクは?」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました