クラウドバンク無料口座開設のやり方|キャンペーン2019について

クラウドバンク

この記事ではクラウドバンクの無料口座開設のやり方を紹介していきます。

①公式サイトから必要事項を入力し、本人確認書類をスマホからアップロード。
②審査(最短1営業日)が通れば、郵送で通知が届きます。
③8桁の番号が記載されているので、スマホアプリから入力すると口座開設が完了です。

メールマガジンも届くようになるので、お得なニュースを事前に入手することができますよ♫

>>公式サイトはこちら



クラウドバンクのメリット・デメリット

クラウドバンクは投資額に応じて配当がもらえるため、株や仮想通貨と違って安定した運用が可能です。

運用期間3ヶ月から始められる
平均利回りが6.9%
最低投資額が10,000円

30万円勝っていたらいつの間にか100万円の価値になっていたなんてことはありませんが、100万円を投資すれば年間で5万円の配当を得ることができます。

ファンドを組成し、投資家から募った資金で、対象事業者への融資・運用を行う一般的なスキームを利用していますが、クラウドバンクの場合は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」のもとで、2013年度に認定を取得している事業者への貸付を行うため、電力会社が36円/kWh(税別)の一定価格で10年間買い取ることが約束されています。(太陽光発電の場合)

電力事業者は、融資された資金で発電所用地や事業権利の取得を行い、発電装置の開発を進める中で、銀行からの融資を借り換えるとしています。

現在のところ、元本割れもなく安定した実績で運用を行なっているクラウドバンクですが、発電所が自然災害によって破損した場合などはリスクが出てくる恐れがあります。

他のソーシャルレンディングと比較してもデメリットの少なさが特徴と言えますが、リスクはしっかり把握した上で、投資を行うよう心がけましょう。

クラウドバンク 良い口コミ・悪い口コミ

クラウドバンク キャンペーンの詳細について

2019年8月22日〜9月2日まで「累計応募金額600億円突破キャンペーン」が開催されており

・投資額に応じたキャッシュバック
・クイズで10万円を10人にプレゼント

このような内容となっており、スマートフォンアプリから登録を行い、投資をするだけでキャッシュバックを受けられるお得なキャンペーンを展開中です。

上記のように「50,000,000円以上 100,000円キャッシュバック」となっており、この額を出せる人はごく少数かと思いますが、少額投資で資産運用を始めようという人はこの機会にぜひクラウドバンクのサービスを体験してみてください。

また、スマホアプリでのクイズに答えるだけで、10万円のプレゼントが当たるキャンペーンも展開中です。

10名と限られた人数ではありますが、TVCMに関連した内容になっているので気軽に応募が可能となっています。

まとめ

クラウドバンクは太陽光や風力発電を営む中小企業へのソーシャルレンディングを行っており、「再生エネルギー買い取り制度」によって安定した配当を投資家に分配しています。

 

景気低迷(リセッション)が予想される最近の相場においては、不動産や海外投資はリスクが高いと言え、安定した資産運用を行いたい人からは信頼を得ています。

 

ソーシャルレンディングと言えば「怪しい・危ない・詐欺」といったイメージを持つ方も少なくないと思いますが、なぜここまでクラウドバンクが信頼を集めているのか、お判りいただけましたでしょうか?

 

キャッシュバックキャンペーンも随時、行っているので、その時には詳細についてまとめていきますね。

 

>>公式サイトはこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました