世界の市況分析・マーケットニュース|2019年9月12日

世界の市況分析

世界の市況分析・マーケットニュース

2019年9月12日は、トランプ大統領のゼロ金利発言など、景気低迷への懸念から予防的な金融政策に注目が集まっています。(午前2時現在)

アメリカ「ゼロ金利・日本化への懸念」

トランプ大統領がFED(Federal Reserve System=連邦準備制度)へ利下げを求めており、個人消費が伸びているアメリカではゼロ金利やマイナス金利政策によって、物価上昇も見込めると考えているのかもしれません。

ゼロ金利政策といえば「日本化(ジャパニフィケーション)」ですが、ヨーロッパでも長らく経済成長が見込めない状態が続いています。

米物価上昇率は2%を下回るなど、利下げによる予防的処置が必須であることは間違いありません。

・アップル 新型iPhone発表で株価上昇

・フレーバー付き電子タバコ発売禁止を米政府が検討へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました